Sponsored Link

ディアモストアイラッシュ

保湿を暑くても怠らない!保湿が化粧崩れしないポイント!

化粧 汗

 

朝の保湿をきちんと行ってますか!?

 

冬だけじゃなくって、年中保湿を怠らないのが化粧崩れしないポイントであり近道なのです!

 

べたつくからといって、保湿を怠るのは御法度です!!

 

お肌は、乾いてくると毛穴から皮脂を分泌して、潤そうとします。汗というかテカリを作り出す源です。

 

だから、

 

朝のお化粧の前に化粧水・美容液・これらを閉じ込める為の保湿クリームで薄く膜を張り、しっかりとお肌に潤いをあたえるのです!そうすることにより、水分と油分がちょうどよくなり、皮脂の過剰な分泌を抑える事ができるのです。

 

朝から化粧水を使用したコットンパックなんていいかも♪

 

ちょっと待って!

 

今までパックまではいかなくても、化粧水を浸透させるために化粧水をつけてから、時間を置いていたのですが、どうやら間違った知識のようです。

Sponsored Link

本当は知らない!?化粧水を付けた後の浸透時間の有無。

あなたはどうしてます!?

 

「洗顔後に化粧水を付けた後、肌の内部まで化粧水を浸透させるために1分間位待ちましょう」

 

このようなことを、どかかで耳にして実践してますか?

 

実は、この化粧水を浸透させるというのは、間違いなのです!逆にお肌に悪い影響を与えることになっているのです!

 

なんとなく毎日やっていることには、科学的根拠がないこともあるのです!

 

化粧水の浸透が期待できるのは、皮膚の一番外側である表皮にある0.02mmの角層までなのです。

 

<角層の働き>

  • 外からの物質が内部に入り込むのを防ぐ働き
  • 肌の水分を保持する働き

 

ですから、いくら化粧水であっても角層内に侵入することは難しいのです。肌の内部まで侵入できているとしたら、もはや角層が機能していないことになり、とても肌にとって危険な状態になっているんです。

 

友人や知り合いの方にも、そんなスキンケアをしている人がいたら教えてあげた方が良いですよ。

 

「この化粧水とてもよくって、肌の内部まで浸透するんだよ〜」

 

な〜んて事言ってたら要注意!やんわりと教えてあげましょう。

化粧水の成分はほぼ水分だから蒸発します!

製品の違いはあれど、化粧水の成分はおおよそ水分なのです。

 

水分ということは、時間が経てば経つほど蒸発してしまいます。

 

ましてや、水分を欲している状態のお肌に化粧水をつけてから時間をおくと、肌表面の水分はどんどん蒸発します。

 

そして、水分が蒸発するとともに「気化熱」というものも発生するので、もともとあった肌の水分までも一緒に放出されてしまいます。

 

だから、化粧水を付けた後に時間を置くという行為は、保湿を優先させることと逆行しているのです。

 

化粧水を乾かすことと、元々あった肌の水分を放出するのを待っているだけという恐ろしいことだったのです!

 

ヒーーーーー!!

 

即刻止めましょうね。

 

 

Sponsored Link


サラフェプラス

サラフェプラス

化粧水が乾く前に美容液や乳液をつけましょう!

化粧水を浸透させるのではなく、水分を逃がさないように油分で蓋をするのが重要!

 

化粧水を肌にやさしくなじませたら、素早く、水分が乾いてしまわないように美容液や乳液をつけて、肌に良い成分を閉じ込めるのがポイントということです!

Sponsored Link
くずれないファンデーション300x250

関連ページ

化粧崩れを防ぐポイント3選とは?
化粧崩れを防ぐポイントを具体的にどういうものがあるのかを探ります。BBクリーム、顔汗を抑えるアイテムなど探せばあるんです!